「リトル・ダンサー」は、中途半端に観たせいでバレエよりタップダンスのイメージが強い。

ちょっとしか観てませんのであんまり深いことはいえませんが、そんな人間が、興味はあれどダンスレッスンを受ける度量もない私が、タップダンスについて語るのはいけないことでしょうか?

いや、実を言えばしかし、ダンスレッスンの一回ぐらいは受けた覚えがあります。

あのレッスンの、辛さと心地よさをすっかり忘れたわけではありません。激しいダンスに筋肉がついていけぬ苦しみと、その代価として得るやりとげた気持ちを。私は、映画の少年のような純粋にひたむきに夢に進む気持ちを忘れていたようです。

今はその心を大事にし、どんなに下手でもタップダンスをしようという決心をしています。その心の表れとして、「僕が、タップダンサーになったらいけないの?」と「ダンスレッスンをする前に」という二つの副題をつけました。


タップダンスとは?

少年はバレエよりタップダンスをやりたかったのだと思う。


ミュージカルタップ

サウンドオブミュージックにはタップダンスが無いらしい。


リズムタップ

いつかDVDで見た誰かのタップダンスの公演はよかった。


タップシューズについて

相棒です。必ず、履いてみせます。


ダンススクールで始めよう

実際にタップダンスを始めよう。


リンク集

リトルボーイ 〜僕が、タップダンサーになったらいけないの?〜-リンク集




copyright©2008-リトルボーイ 〜僕が、タップダンサーになったらいけないの?〜|ダンスレッスンをする前に